ベビーベッドの需要性とおすすめのタイプを知りたい方必見

ベビー用品

オススメのベビーベッドのタイプ3選

可愛い赤ちゃんのためのベビーベッド選び、どんなものが良いのか迷ってしまいますよね。赤ちゃんにとって寝心地が良いのはもちろんですが、赤ちゃんのお世話をする大人が使いやすいということも重要です。特にベビーベッドは出産準備品のなかでも大きいものですから、お部屋の広さなどに合ったものを選ぶことが重要です。「うちは狭いから、ベビーベッドは無しかな…」という方でも安心して使えるベビーベッドのタイプをご紹介します。
(1)ジョイントタイプ
ジョイント式のベビーベッドは、新生児から子どもまで使えるのが特徴です。部品を組み合わせると、ベッドから子ども用のベンチに形を変えられるものもあります。1つでさまざまな用途で利用できますから、省スペースです。
(2)折りたたみタイプ
折りたたみ式のベビーベッドなら、使う間は出しておき、使わなくなったら畳んでしまうことができます。また木製のベビーベッドよりも軽くて扱いやすいのも特徴です。
(3)ベッドインベッドタイプ
このタイプは独立して使うベビーベッドとは異なり、大人用のベッドの上に赤ちゃん用のねんねスペースを確保するために置くベビーベッドです。プラスチック製の枠に布で覆いをしているタイプなので、コンパクトに畳めるだけでなく外出先にも持っていくことができます。いかがでしょうか。ベビーベッドを選ぶ際、ぜひ参考にしてみてください。

ベビーベットの利点

ご懐妊のお知らせとともに準備におわれる育児アイテム、その中でもベビーベッドの存在は大きいです。ママのお腹から移るベットでは赤ちゃんの居心地を考えて準備したいものです。ベビーベッドは、赤ちゃんの安全性を確保して、健康を守るという役割があります。赤ちゃんがママと一緒のベットやお布団に寝ることによる危険は次のようなものがあります。
・大人と同じ布団で添い寝することによる押しつぶしの危険・何でも口にしてしまう赤ちゃんの異物による誤飲・いつの間にか指の間にホコリの綿を集めてしまう赤ちゃん、ホコリから赤ちゃんを守ります。
また、ベビーベッドに寝かせている間は、まだタッチができないので、ママには、赤ちゃんを1人で寝かせておいても、その場を離れて安心して用事ができるという安心感もあります。しかし、赤ちゃんと両親にとっての最大のメリットは、新生児からすでに1人寝を訓練できることにあります。海外では、1歳ですでに1人寝を始めるそうですが、日本ではベビーベッドから卒業すると幼児期をママとパパと同室もしくは、おなじ布団で就寝していることが多いものです。子供部屋にベビーベッドを設置しておくことで、新生児からすでに自分の部屋で1人で就寝するという習慣ができることになります。

ベビーベッドを買う時は慎重に

アパートくらしのため場所をとるためベビーベッドは使いませんでしたが、最初の1ヶ月ほどはあったほうがよかったのかなぁと思いました。まだ生まれて間もないので上に子供が二人、家の中をドタドタ走る。赤ちゃんには地響きしてたのではないかなあと思います。ほこりも気になるのでベビーベッドはあったほうがよかったなぁと思いました。帝王切開のため自分が起きあがるのが大変で自分もベッドが欲しかったです。
ベビーベッドの掃除はあまり気にしてないのですがベッドでおむつかえをしてシーツが汚れたとき、替えのシーツを準備できてないと不便に感じるかもしれません。ベビーベッドがあったほうが帝王切開の私にはおむつかえは楽でした。シーツが汚れなければですが。買うならば小さめのベビーベッドがいいのかなぁと思います。アパートは場所をとるため買うときは慎重に。
布団と同じでベビーベッドもまめに掃除をしないといけないイメージがあります。ただ地面に布団をひいて寝ることを思えば、衛生面は断然ベビーベッドです。子供たちにベタベタ触られることもないし、ほこりがまうようなこともないし、こちらが掃除機をかけてても赤ちゃんのことは気にせず掃除ができます。


おすすめのベビーベッドはこちら
赤ちゃんが快適に過ごせるようなベビーベッドを多数ご用意しております。ベビーベッドのご購入をお考えでしたら、一度覗いてみてください。きっとあなたも赤ちゃんも気に入るようなベビーベッドに出会えますよ。

MENU

2017年04月13日
ベビーベッドで悩んでる方を更新しました。
2017年04月13日
ベビーベットのメリットとデメリットを更新しました。
2017年04月13日
ベビーベッドは必要?いつまで使うの?を更新しました。
2017年04月13日
ベビーベッドを用意する?なくてもいい?を更新しました。

RECENT NEWS

TOP